iPhone・Androidで使える電子決済可能なスマートウォッチは?おすすめを紹介

  • URLをコピーしました!

スマートウォッチと言えばApple Watch一択!という印象。
しかし、最近ではApple Watch以外のスマートウォッチもたくさん発売されています。
端末によって特徴もさまざま。

選択肢が沢山あるのはいいけれど、実際どれがいいのか迷ってしまいますよね・・・。

この記事では、電子決済が利用できるスマートウォッチを紹介しています。
スマートウォッチの購入を検討している方、機能を比較してみたい方はぜひ参考にしてみてください!

目次

スマートウォッチの種類

Watch OS


Watch OSはApple Watch向けのオペレーションシステム(OS)です。
そのため、必然的にペアリングできるスマホはiPhoneのみとなります。

Android端末ではペアリングができないので注意


GalaxyやAQUOSでApple Watchを使おうと思っても無理ですよ!


Wear OS

Wear OS(Wear OS by Google)はGoogleのAndroidをベースとしたOSで、Android端末と互換性の高いOSです。
また、AndroidだけでなくiPhoneともbluetooth、Wi-Fi、LTE通信でペアリングできることが特徴です。

その他独自OS

細かな独自OSは多数あるので全部は紹介できませんが、Tizenが有名です。

Tizenはサムスン主導のモバイルOSで、サムスンのGalaxy端末との高い互換性が特徴です。
Galaxy端末以外でも一部のAndroid端末やiPhoneでペアリングすることができます。

Apple Watchで使える電子マネーの種類


Apple Watchではiphoneと同じ様にApple payを使用した電子決済が可能です。


Apple Payで利用できる電子マネー
  • Suica
  • PASMO
  • nanaco
  • WAON
  • Quicpay
  • ID
  • VISA



また、上記の他にもアプリを通してPaypayau Payでも電子決済が可能です。
LINEペイやメルペイなども対応していますが、ID経由になるため支払いを行う際はID決済を行うことになります。

Apple Payを利用できるApple Watchはseries2以降の端末。

2022年6月現在、店頭で販売されているApple Watch series7とSEももちろん電子決済が利用可能です。

series7とSEのどちらを選んでも利用できる電子マネーに差はありません

電子決済可能なおすすめスマートウォッチiPhone編

Apple Watch SE(GPSモデル)


iPhoneユーザーならApple Watch SEが一番おすすめ。
Apple Watchの基本的な機能と、毎日の健康管理に必要な機能を兼ね備えつつ低価格なのが魅力。

もちろんApple Pay対応なので、様々な電子マネーをかざすだけで使用できます。


血中酸素濃やより詳細な心拍数を計測したい場合は上位モデルのSeries 7を選ぶとよいでしょう。

GARMIN Venu 2


iPhoneでも使えるおすすめのスマートウォッチはGARMIN。


Venuシリーズは、Suicaに対応しているので身につけたまま電子決済も可能。


また、日々のヘルスケア機能に加え、フィットネス機能が充実しているのも特徴です。
25種類のスポーツアプリが搭載されているので、スポーツ好きな人にピッタリ。


ディスプレイはGorilla Glassを使用し、フレームはステンレススチール製なので耐久性もバッチリです。

電子決済可能なスマートウォッチAndroid編

Fitbit Charge 4



電子決済対応で安いスマートウォッチをお探しなら、FitbitのChargeシリーズがおすすめです。

2万円以下の低価格ながらもSuica対応で充実した機能を搭載しているので、スマートウォッチを試してみたい人にピッタリ。


最大7日間バッテリーが持続
毎日の睡眠時間や心拍数の計測、ワークアウト管理にも〇。

Fitbit sense


AndroidユーザーにおすすめなのがFitbitシリーズのsense。


Fitbit senseはSuicaでの電子決済ができることや、6日間連続で使用できるバッテリーの持続性も魅力。
さらに、高速充電機能が登載されているので、わずか12分で1日分の充電が可能です。


また、Fitbit senseは、ストレスの可能性を感知する機能も登載。
無意識レベルのストレスを軽減するサポートを行ってくれます。

ワークアウト・睡眠記録・マインドフルネスなど、ヘルスケアの高度な分析機能を利用できるFitbit Premiumを半年間無料で使用できるのも嬉しいポイント。

sony wena 3


ソニーのスマートウォッチwena 3は、iOSとAndroid対応のスマートウォッチです。wena 3は使える電子マネーが豊富なのがポイント。


wena 3で使える電子マネー
  • Suica
  • QUIC Pay
  • ID
  • 楽天Edy


しかも、wena 3はアプリの立ち上げ不要でタッチするだけで決済可能。


なお、Suica以外の電子マネーは初期設定がiOSからしかできないため、Android端末のみでは使用できないのでご注意ください・・・。


初期設定はiPadからでもできるのでiPhoneがなくても大丈夫!



まとめ

  • OSによってペアリング可能な端末が異なる
  • Apple Watch はiPhoneしかペアリングできない
  • スマホがAndroidの人はWear OSのスマートウォッチと互換性が高い
  • スマホがGalaxyの人はTixenのスマートウォッチと互換性が高い
  • Apple WatchではApple Payの電子マネーが使える


これを機に、スマートウォッチを身につけてQOLを爆上げしちゃいましょう!!


睡眠記録・心拍数記録など健康管理目的のおすすめスマートウォッチはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ガジェット、フラッシュメモリが好きな30代。
楽天ROOMは育児グッズ多め。

目次