SDカード・USBメモリのデータも定期的なバックアップが必要!外付けSSDの使い方を解説!

  • URLをコピーしました!

SDカード、microSDカード、USBメモリには寿命があります

寿命は約3~5年
10年程使用していたmicroSDカードの調子が悪くなってきたので【microSDカードのバックアップ】を外付けSSDで取ってみました。

目次

SDカードのバックアップを取っておかないとこんなことになります


10年後の僕

昔の写真が見たいなぁ
SDカードにデータがいっぱい入ってるから見てみよう!



10年後の僕

データが破損してる!!


という可能性は大。
SDカードはあくまで一時保存のためのツール。

バックアップのためのSDカードですが、SDカードのデータもバックアップしておきましょう

外付けHDDとSSDの違い

外付けHDDも外付けSSDもデータ保存が主な目的です。
この2つって何が違うの?という人も多いと思うので簡単にまとめてみました。


外付けHDD外付けSSD
用途データ保存データ保存・ゲーム、PC等の高速化
記録方法回転する磁気ディスクに磁気ヘッドで記録メモリーチップにデータを記録
メリット安価
大容量
処理速度が速い
音が静か
衝撃に強く軽い
デメリット衝撃に弱い
処理速度が遅い
音がうるさい
容量が小さく外付けHDDと比べると高価


外付けSSDの方が小容量高価格になりますが、その分性能が高いので長い目で見ればコスパはいいかもしれませんね。

外付けHDDとSSDどちらを選ぶ?


上の表のとおり、外付けSSDのデメリットは価格と容量くらいです。
特にこだわりがなければ外付けSSDをおすすめします。


高価格とは言っても以前より安くなっているので1つは持っておくと安心!

外付けSSDの寿命は?

残念ながら外付けSSDにも寿命があります。
一般的には3~5年程度と言われていますが、用途や使用環境、使用頻度によって寿命は大きく変わってきます。

外付けSSDの寿命は、1日24時間動き続けている前提で約3万時間=3年~4年程度という計算です。
また機械全般に言えることですが、高温多湿・ほこり・衝撃などの劣悪な環境での使用は寿命を早める原因になるので要注意。


毎日使用しないならもっと長寿命になる!

外付けSSDの使い方

今回購入したのはコレ。


お馴染みサンディスクの外付けSSD!


  • 読出し最大520MB/s
  • 3年保証付き
  • USB3.2Gen2 対応
  • コンパクトで軽量

まずはスピードテストをしよう!

SDカード、USBメモリと同様に外付けSSDも最初にスピードテストをしましょう。

スピードテストのやり方は参考記事を読んでみてください。


そのSDカード、偽物かも?容量と転送スピードのチェック方法を解説!crystal disc markの使い方


んんんんー???
めちゃめちゃ遅い。なんだこれ。不良品?

かと思いきやケーブルの差し方が悪かったようです。
グッと一気に奥まで差し込まないと本来の速さが出ないので注意!



参考 USB3.0をゆっくり挿すとUSB2.0として認識してしまう



ちゃんと挿したら読み出しも書き込み速度もバッチリになりました!

SDカードからバックアップしたいデータを選択


データを選択したら右クリック。




送る→PortableSSDを選択。
これだけ!

データが多いほど時間がかかりますが、約80GBのデータは17分でバックアップが完了しました。

フォルダを作ろう


フォルダを作成しておくとデータを整理しやすくなるのでおすすめです。
右クリック→新規作成→フォルダでお好みのフォルダを作成しておきましょう。

移動したいデータを選択→ドラッグしてフォルダへ移動すればOK!

SDカードのデータは定期的に外付けSSDへバックアップしよう!

今回SDカードが10年近く壊れずにバックアップまでできたのは幸運でした。

でもそれは【たまたま】壊れなかっただけ。
SDカードがいっぱいになったタイミング使用から1~2年経ったタイミングで一度外付けSSDにバックアップを取っておくと安心して使えるのでおすすめです。


大切なデータは定期的にバックアップを取っておこう!



よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ガジェット、フラッシュメモリが好きな30代。
楽天ROOMは育児グッズ多め。

目次