OLYMPUS Tough TG-6におすすめのSDカードはコレ!カメラ用SDカードの選び方を解説

  • URLをコピーしました!

カメラのSDカード、なんでもいいと思っていませんか?その素敵なカメラをもっと快適に使いこなすにはSDカード選びが重要です。

目次

カメラのSDカードは転送速度が重要


SDカードなんてとりあえず容量が大きければいいんじゃないの?


もちろん、SDカードを選ぶ上で容量も当然大切な要素です。
しかし、カメラのSDカードは転送速度が最重要なんです。

転送速度が遅いと何が起こる?

連写時の撮影スピードが落ちる


通常、カメラでは撮影されたデータはSDカードに保存されます。
この時に行われているのが書き込みです。

書き込み速度の遅いSDカードを使うと、連写スピードが極端に遅くなることがあります。

連写しているということはそれだけ「撮り逃したくない瞬間」ということですよね。

そんなときにシャッターがもたついていたらイライラしてしまいます。


カメラのスペック通りの連写速度を出すにはSDカードの処理速度が重要

動画撮影が止まってしまう

特に4K撮影等の高画質な動画を撮影しているときに録画が止まってしまうことがあります。

書込み速度が遅いとSDカードへのデータの書き込みが追い付かなくなり、スムーズに撮影できなくなってしまうのです。

他デバイスへの転送に時間がかかる


次に大切なのが読み込み速度
SDカードに保存されたデータをPCやスマートフォンなどの外部機器に取り込むときに重要になってきます。

読み込み速度が遅いSDカードを使っていると転送に時間がかかってしまうのです。

転送速度はどれくらい必要なの?

結論から言うと、 4K撮影や連写をするなら最低でも以下のスペックのSDカードが必要です。


  • スピードクラス:Class10
  • UHSスピードクラス:U3
  • ビデオスピードクラス:V30以上


SDカードのスペックの見方を詳しく解説していきます。



ブランド名や容量は解説せずともわかりやすく書いてあると思うので省略します。
③の規格から説明していきますね。

SDカードの規格

SDカードは保存容量によって3つの規格に分類されます。


  • SDカード:~2GB
  • SDHCカード:4~32GB
  • SDXCカード:64GB~2TB


デジタルカメラではSDHCカードかSDXCカードを選ぶことが多いと思います。
この画像のSDカードは64GBなのでSDXC規格ということがわかりますね。

インターフェーススピード


SDXCの右側にⅠの文字がありますが、
これはUHS-Ⅰインターフェースに対応していることを表しています。


UHSインターフェースはⅠ、Ⅱ、Ⅲの3種類あり、数字が大きいほど高速での転送が可能になります。


  • UHS-I:1秒間に最大104MBのデータを転送
  • UHS-Ⅱ:1秒間に最大312MBのデータを転送
  • UHS-Ⅲ:1秒間に最大624MBのデータを転送



じゃあ一番速いUHS-ⅢのSDカードを使いたいなぁ

残念ながらすべてのカメラでUHS-ⅡやⅢのSDカードを使えるわけではありません
※現時点でUHS-ⅢのSDカードは市場に出回っていません。


SDカードには下位互換性あり
使用機器側がUHS-ⅡのSDカードに対応していないと、UHS-Ⅱのカードを使ってもUHS-Ⅰの速度しか出せない


OLYMPUS Tough TG-6はUHS-Ⅰ対応機器なのでUHS-ⅠのSDカードを選びましょう。

読み込み速度

④の170MB/sは最大読み込み速度を表しています。

1秒間に170MBのデータを読み込めるということです。

170MB/sということは、写真1枚あたりを10MBとすると1秒間に約17枚転送できるという計算になります。

ただし、あくまでも「最大」速度なので実測はもっと遅くなります

小さいSDカードの表面にすべての情報を表記するのは難しいようで、書込み速度の表記がある製品はほとんどありません。
パッケージには記載があるはずなのでチェックしてみましょう。


基本的に書き込み速度は読み込み速度より遅くなります。
この製品は最大書込み速度90MB/sでした。

スピードクラス


④の最大速度とは違い最低書き込み速度を表しています。
スピードクラスは2、4、6、10の4種類あり、Class10が一番速い転送速度となっています。

むしろクラス10以外のSDカード以外はあまり見かけません。

なぜなら他のクラスでは低価格というメリットはあっても遅すぎて論外だからです(笑)
1秒間に2MBとか4MBの転送速度では使い物になりませんよね。


Class10であることが当たり前になりつつあるので表記のないSDカードもたくさんあるよ!
スピードクラスの表記がなければClass10だと思っておいてOK。

UHSスピードクラス


UHSとは、Ultra High Speedの略。UHSスピードクラスは1と3の2種類があります。
こちらも最低書き込み速度を表しています。

1は10MB/s
3は30MB/sなのでUHSスピードクラスは3の方がより速いということです。

ビデオスピードクラス

動画撮影をする人に重要なのがビデオスピードクラス
4Kや8Kの高解像度映像の記録を念頭に置いており、6MB/sから90MB/sまでの5段階あります。
こちらも最低速度を表しています。

4K撮影をするなら最低でもV30以上のスピードクラスのSDカードが適しています。

各スピードクラスを簡単に表にしてみました。


スクロールできます
最低転送速度UHSスピードクラススピードクラスビデオスピードクラスカメラスペック
90MB/s~V908K
60MB/s~V608K
30MB/s~U3V304K
10MB/s~U1Class10V10フルHD


8K撮影をするならビデオスピードクラスはV60以上必要になります。

カメラのスペックに応じてスピードクラスをチェックしましょう。
また、SDカードを買ったらスピードチェックを忘れずに。

スピードテストの解説記事

OLYMPUS Tough TG-6はこんなカメラ!

  • 1200万画素
  • 防水15m、防塵、耐衝撃2.1m、耐荷重100kg、耐低温-10℃、耐結露といった名前の通りのタフ性能
  • コンパクトなのでアウトドアにピッタリ
  • 水中撮影モードと水中でも使える新フィッシュアイコンバーターを搭載
  • P/Aモードでスーパーマクロモード対応
  • 4K対応
  • 対応記録メディアはSDカード(SDカード/SDHCカード/SDXCカード)
    参考OLYMPUS Tough TG-6スペック

OLYMPUS Tough TG-6では何GBのSDカードを使えばいいの?

何枚くらい写真を撮るのか、何分くらい動画を撮るのかあらかじめわかっていればそれに応じた容量のSDカードを準備できます。
参考までに、1200万画素のカメラの場合、1GBあたり何枚の写真・動画を保存出来るかをまとめました。


種類 / 容量1GB2GB4GB8GB16GB32GB64GB128GB256GB512GB
写真(約2,400万画素)92枚184枚368枚730枚1470枚2950枚5890枚11790枚23590枚47180枚
4K動画1分3分7分14分28分56分112分224分448分896分
フルHD動画2分5分10分20分40分80分160分320分640分1280分


写真しか撮らないのであれば8GBでも充分ですが、運動会や発表会で動画撮影をするとなると最低でも32GBは必要になってくると思われます。
おすすめは64GB以上です。

OLYMPUS Tough TG-6 におすすめのSDカードはコレ!

以上の情報を踏まえて、 OLYMPUS Tough TG-6 にピッタリのSDカードを集めました。
良かったら参考にしてみてくださいね。

SanDisk 


  • 読取り最大150MB/秒、書込み最大60MB/秒
  • 高い耐久性・防水・耐温度・耐衝撃・耐X線
  • 高速連写や4K動画撮影に最適


やはり困ったときはサンディスク一択。

プロのカメラマンも使用しているという安定した実力があります。
安いのに永久保証付きという高コスパなSDカードです。

もっと速くて大容量のおすすめはコチラ

TOSHIBA


  • 最大転送速度:読み出し95MB/s、書き込み75MB/s
  • 動作環境:温度:-25~85度、湿度:30~80%
  • 5年保証付き


安心の国内メーカー。
ソツなくこなすできるヤツです。

いずれも公式での動作確認済のSDカードなので安心して使えます!

まとめ

  • OLYMPUS Tough TG-6 はUHS-Ⅰ対応
  • クラス10、V30、UHSスピードクラス3のSDカードがおすすめ
  • 動画撮影をする場合は64GB以上だと安心



よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ガジェット、フラッシュメモリが好きな30代。
楽天ROOMは育児グッズ多め。

目次