スポンサーリンク

arrows WeはmicroSDカードに対応している?最大容量は?オススメはコレ!

arrows WeではmicroSDカードが使えます

iPhoneや一部スマートフォンはSDカードスロットがないためmicroSDカードが使えませんが、arrows WeはmicroSDカードが使えます。

空き容量の心配なくスマートフォンを使い倒していきましょう。

外部メモリって何?

スマートフォンのスペック表ではROMと表現されている内部メモリとは反対に、接続または挿入して使用する取り外し可能な記録媒体のことを外部メモリと呼びます。

一部例外はありますが、基本的には
スマートフォンの場合の外部メモリ=microSDカード
と覚えておきましょう。

データ保存はmicroSDカードありきなのでしっかりと選びましょう。

SDカードとmicroSDカードの違い

microSDカードは持っていないけど、SDカードなら持ってるよ!

スマホでもSDカードは使えるのかな?

どちらもデータの保存という目的は同じですが、単純に大きさが違うのでスマートフォンではSDカードは使用できません
とは言え、SDカードスロットに挿入できないだけなのでSDカードリーダーに繋げばSDカードにデータを保存することは可能です。

arrows Weで使えるmicroSDカードの種類は?

microSDカードにも種類があります。
というのは保存できる容量の違いです。具体的には

microSDカード : 128MBから2GBまで
microSDHCカード : 4GBから32GBまで
microSDXCカード : 64GBから2TBまで

となっています。
(このサイトではmicroSDカード、microSDHCカード、microSDXCカードの総称としてmicroSDカードと表現しています。)

arrows WeのmicroSDカード対応容量は最大1TBです。
参考:arrows We Plus スペック

arrows Weでは

microSDカード:全て使用可

microSDHCカード:全て使用可

microSDXCカード:1TBまで使用可

arrows Weでは何GBのmicroSDカードを選べばいいの?

最大1TB使えるなら1TBがいいかな?

大は小を兼ねるって言うし!

スマートフォンにおけるmicroSDカードは、最大容量=適切な容量ではありません
スマホのスペックとご自分の使い方に合った容量を選びましょう。

1TBのmicroSDカードもありますが、非常に高額になりますし破損リスクを考えると512GBを2枚持つほうが良いでしょう。

arrows Weはハイレゾに対応しています。

ハイレゾ音楽をたくさん聴きたい人は大容量のmicroSDカードを持っておくと安心です。
他にも、
写真や動画をたくさん撮影する
動画ダウンロードをよくする

場合にも大容量のmicroSDカードが必要になります。


arrows Weは内部ストレージが64GBあるので、microSDカードも64GB以上のものを選びましょう。
今後更にハイスペックな機種に替えることを想定すると128GB以上あると尚安心。

・内部メモリに合わせて64GB以上のmicroSDカードがあると安心
・ハイレゾ音楽ダウンロード、動画撮影、動画ダウンロードをよくする場合は128GB以上がおすすめ

arrows WeにおすすめのmicroSDカードは?


microSDカードの選び方は参考記事を読んでいただきたいのですが、長くて面倒だと思いますのでサクッとオススメを紹介します。

参考記事:

わかりやすい!スマートフォン全般のmicroSDカードの選び方講座

Transcend トランセンド

AmazonのSDカードカテゴリでも上位のトランセンド。
特徴はなんといってもコスパの良さ。お値段以上の働きをしてくれます。
約1万回抜き差ししても大丈夫なタフさが売り。

・スマートフォンに最適なA1規格
・5年保証付き
・読出し最大95MB/s

SanDisk サンディスク

どこのmicroSDカードを買えばいいか迷ったときにはコレ。 
SDカードの老舗、サンディスクがオススメ!
空港でのX線検査の影響を受けないので旅行にもビジネスにもピッタリ。
迷ったらサンディスク!と覚えておきましょう。

・超高速100MB/s
・A1規格
・5年保証付き

まとめ

・arrows Weでは最大1TBのmicroSDカードが使用可能
内部メモリが64GBあるのでmicroSDカードも64GB以上のものを選ぶ
・今後ハイスペック機種に機種変更することを考えると128GB以上がベター
・ハイレゾ、動画撮影、ダウンロードを楽しみたい人も128GB以上がおすすめ

空き容量を気にすることなく写真、動画、音楽、ゲームをがっつり楽しみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スマートフォン
スポンサーリンク
シェアする
SDカード大百科

コメント

タイトルとURLをコピーしました