コンビニで適当に選んでいませんか?失敗しないUSBメモリの選び方講座

  • URLをコピーしました!

wordやExcel、写真に音楽などを手軽に保存できるUSBメモリ。
社会人にも学生にも必須アイテムですよね。

コンビニでも売っているほど身近で手に入りやすいものなのでどれも同じだと思っている人も多いのではないでしょうか?

実はその考え、危険です。
あなたにピッタリのUSBメモリの選び方を伝授します!

目次

USBメモリとは?

コンピューターのUSBポートに接続しデータの読み書きを行う(保存媒体)です。

SDカードよりは大きくHDDよりは小さいので持ち運びにも適しています。

必要な容量

2GBほどの低容量のものから512GBの大容量のものまであります。
必要な容量はUSBメモリを使う目的や保存するファイルの種類によって変わります。

ワードやエクセル等のデータがメインなら8GBほどあれば充分。

写真や音楽、動画等は下の表を参考にしてみてください。

スクロールできます
種類 / 容量8GB16GB32GB64GB128GB256GB512GB
写真(約2000万画素)約819枚約1638枚約3276枚約6552枚約13104枚約26208枚約52416枚
4K動画約23分約46分約1時間32分約3時間4分約6時間8分約12時間16分約24時間32分
フルHD約1時間約2時間約4時間約8時間約16時間約32時間 約64時間
ハイレゾ約48曲約96曲約192曲約384曲約768曲約1536曲約3072曲
MP3約2000曲約4000曲約8000曲約16000曲約32000曲約64000曲約128000曲

転送速度をチェック

適当に買いすぎて転送速度のチェックなんてしたことない・・・という人も多いと思います。
快適なデータ送受信のためには読み込み速度、書き込み速度をチェックしておきましょう。

USBメモリには以下のような規格があります。


※USB3.1はUSB 3.2 Gen 1x1USB 3.1 Gen 1と同じ速度です。
※USB 3.2 Gen 2x2という最大転送速度20Gbpsの規格も出ていますが、USB-Cのみ対応なのでここでは割愛しています

bpsとは?

USB3.1規格のUSBメモリの転送速度が一番速いということがわかります。


USBメモリは下位互換

USB3.1規格のUSBメモリを使っても使用デバイス(PCなど)のUSBポートが2.0や3.0規格だとUSB3.1の性能は発揮できません

PCのUSBポートがUSB3.0やUSB3.1に対応しているか見分ける方法


上の写真のようにUSBポートを見て青色かつ端子が5個ついていたらUSB3.0に対応していると言われていますがすべてのデバイスが青色というわけではありません。


筆者のPCのUSBポートは黒ですがUSB3.0です !



USB3.1の場合は水色だったり赤だったりするので見ただけではわからないことも多くあります。
ということで色以外にUSB規格を知る方法を解説していきます!

Windowsの場合

①WindowsキーとXキーを同時押ししてデバイスマネージャーをクリック

ユニバーサルシリアルバスコントローラーをクリック

③USB規格の数字を確認

3.0との表記があるので筆者のPCはUSB3.0に対応しているということがわかりました!

USBメモリの寿命は2、3年

手軽にデータの保存ができて便利なUSBメモリですが寿命があります。
質の良いUSBメモリなら10年程度は壊れませんが、一般的に販売されているUSBメモリは寿命が2~3年程と言われています。


USBメモリに写真や動画を入れてアルバム代わりにしようと思っている人は要注意。
あくまでも一時保存のためのツールだと認識しておいてください。

絶対に消したくないデータはクラウドストレージや外付けHDDなどにダブルバックをしておきましょう。


SDカードは長期保存には向かない?寿命は?バックアップ方法は?

壊れにくいUSBメモリの選び方


USBメモリにはいくつかの記憶方式があります。
もっとも耐久性があるのがSLC方式と呼ばれるものです。

約10万回の読み書きに耐えられると言われています。


  • 信頼性の高さや寿命の長さが強み
  • 産業・医療用などの業務用を想定して作られているので個人で購入した場合のサポートが薄い場合がある

MLC方式はビジネス・個人利用向き

SLC方式と比べると耐久性は落ちるものの、約1万回程度の読み書きに耐えられるのでビジネス用なら充分と言えます。

  • 耐久性があるのはSLC方式のUSBメモリだが主に業務用として使われることが多い
  • 一般的なビジネス用途や写真・音楽等の保存目的ならMLC方式でも充分

おすすめのUSBメモリはコレ!

上記の内容を踏まえたうえで、おすすめのUSBメモリを紹介します!

ライトなビジネス用・個人使用に最適

  • USB3.0対応
  • キャップレスなので「フタがない!」というストレスから解放
  • 8GB~128GB、5色から選べる
  • 間違えてデータを消してしまってもデータ復旧ソフトが使用可能
  • アクセスランプ付きで安心

機密データの保存にはセキュリティ機能付きUSBメモリ

  • USB3.0対応
  • 読み取り速度135MB/s
  • 8~64GB
  • 5年保証・無料サポートあり
  • ハードウェアの暗号化とパスワード保護の二重のデータ保護

とにかく速くて大容量ならコレ


  • USB 3.1 Gen 1対応
  • 最大転送130MB/s 
  • 大容量512GB
  • ノートパソコンの仮想ドライブ、拡張ストレージに最適

まとめ

  • USBメモリは寿命のある消耗品(2~10年)
  • USBメモリと使用デバイスの規格が合っていなくても使用可能だが下位互換になる
  • 使用目的によってメモリの選び方を変える(セキュリティ機能付き、大容量など)



SDカード・USBメモリのデータも定期的なバックアップが必要!外付けSSDの使い方を解説!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ガジェット、フラッシュメモリが好きな30代。
楽天ROOMは育児グッズ多め。

目次