スポンサーリンク

iPhone・Android対応のUSBメモリで手軽にバックアップ!

近年、iPhoneを筆頭にGalaxyの一部機種やGoogle Pixel等のAndroidスマホもmicroSDカード非対応の機種が増えてきています。

クラウドストレージへのバックアップだけではちょっと心配・・・

データがいっぱいあるからクラウドストレージの無料分だけでは足りないけど月額料金払い続けたくない

microSDカード対応機種だけど、いちいちSIMピンを使って取り出すのが面倒くさい

という人におすすめなのが、スマホに直差しできるUSBメモリ
microSDカードのように取り出しの手間もなく、小さすぎないので紛失のリスクも抑えられるのです!

今回試したのはコレ↓↓

メリット
  • iPhone、Android、PCすべてで使える
  • USB Type A、C、MicroUSB、Lightning端子対応
  • USB 3.1対応で転送速度が速い
  • 使い勝手の良い128GB

microUSBも使えるから古いスマホから写真のデータ移行もラクラク!

USBメモリはType AからType Cの時代

USBメモリと言われて想像するのはオス側がUSB Type Aのものだと思います。

こんなやつ。

ところが、数年前からノートパソコンのUSBポート(差し込み口)がUSB Type Cに対応し始めています。
MacBookに至ってはUSB Type Aのポートは既にありません。

スマートフォンの充電ケーブルも両側がUSB Type Cという商品もメジャーになりつつあるので近い将来USB Type Aはなくなるという可能性もあります。

間違えてUSB type-C to Cのケーブルを買ったけど充電が速くできて最高!

スマホ対応USBメモリのメリット

・microSDカード非対応機種でもデータのバックアップが簡単
・異なるデバイスの間でデータのやり取りが自由自在
・microSDカードのように小さすぎないので持ち運びに便利
・PCに繋げなくてもバックアップ可能

4 in 1USBメモリの使い方

上で紹介したUSBメモリをiPhone、Android両方で試してみたのでそれぞれ使い方を解説していきます。

iPhoneの場合

iPhoneの場合は専用アプリのダウンロードが必要です。


LUV-Share
LUV-Share
開発元:Shenzhen JIUYIDA Electronics Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

事前のダウンロードをおすすめしますが、ダウンロードが済んでいなくてもUSBメモリをiPhoneに接続すると「このアプリをダウンロードしてね!」みたいな案内が出てきます。

アプリを開くと次のような画面が表示されます。
iPhoneからUSBメモリにデータをバックアップしたい場合はマイドライブをタップ。

マイドライブを開くと取扱説明書などのデータが最初から入っています。
左下の+ボタンをタップするといくつか項目が表示されます。

写真や動画をバックアップしたい場合はフォトアルバムから貼付をタップ。

USBメモリにバックアップしたい写真や動画を選択したら右上の完了をタップ。

マイドライブに写真・動画が追加されていたらバックアップ完了!

バックアップするデータが少なければマイドライブに直接転送しても良いと思いますが、大量にバックアップしたいならフォルダを作成しておくとデータの整理がしやすくおすすめです。

マイドライブの左下の+をタップ後新しいフォルダーを選択。

フォルダー名を入力してくださいと出るのでお好きなフォルダ名を入力しましょう。

データをバックアップしたいフォルダを選択しましょう。

左下の+、フォトアルバムから貼付をタップ。

写真、動画等を選択して右上の完了をタップ。

ちなみにすべてのデータを選択したい場合は左下の〇をタップすると全選択になります。

Androidの場合

機種によって異なりますが、アプリのダウンロード不要で使える機種も多いようです。

よくわからない場合にはファイルマネージャー等のアプリをダウンロードしても良いかもしれません。

おすすめのUSB Type CのUSBメモリ

4 in 1もいらない!シンプルにUSB Type CのUSBメモリがほしい!
LightningのUSBメモリがほしい!という人も多いと思うのでおすすめを紹介しておきます。

SanDisk (Type-C & Type A)

SDカードでもおなじみのサンディスク。
Type CとType Aどちらも対応しているので、USBポートがType Cに移行しきっていない現時点では一番使い勝手の良い形状になっています。

  • 最大読み取り速度150MB/s
  • USB 3.1 (Gen 1)対応
  • ストラップホールあり
  • USB Type AとType Cのデュアルコネクタ搭載
  • コスパ良し

長時間使用すると発熱しやすい

Transcend(Type-C)

スマートフォンもPCも既にUSB Type C対応のものを持っている人にはシンプルなC端子のUSBメモリがおすすめ。

  • USB 3.2 Gen 1対応
  • 5年保証付き
  • キャップレス
  • Type A(スタンダード)USBメモリの評価が悪いので不安になる

iDiskk(Type-A & Lightning)

iPhone、iPadユーザーにおすすめなのがコレ。
MFI認証品(アップルによって互換性が保障されている)なので安心して使えます。

  • 18ヶ月保証
  • ほとんどのApple製品に互換性あり
  • USB 3.0対応
  • 容量の種類が豊富
  • 専用アプリのダウンロードが必要
  • 価格が高い

USBメモリで簡単にスマホのデータをバックアップしよう!

PCを介さなくてもデータの移行やバックアップができるのでスマホ対応のUSBメモリはひとつ持っておくと便利です。

これから機種変更をする人も、microSDカード非対応の機種も気軽に試せますよー!

ただし、USBメモリもSDカードもあくまで一時保存のためのツール。
本当に大切なデータは長期保存ディスクへのバックアップをおすすめします。

\正直こっちがおすすめ/
スポンサーリンク
スポンサーリンク
USBメモリ
スポンサーリンク
シェアする
SDカード大百科

コメント

タイトルとURLをコピーしました